感じた事を忘れない為のメモ日記 


by mitaikikitai

<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鎌倉、そして大仏へ。

大仏を見るのは3度目になるでしょうか。
何度見ても何故かありがたいと思えるお顔立ち。

女子がリップを塗っているところを見るのが
ハンバーグより大好きな私は、なかでも
唇に注目してしまいます。

ぽってりした厚めの唇。
それでいておちょぼ口。
はだけた胸元。

頭はパンチパーマみたいですが、
見方によってはわりとセクシーなんじゃないかと
不謹慎ながら思ってしまうわけです。

しかし、しかしですよ。
裏に周るとまぁーがっかり。
パカーッと開いた背中。

叶姉妹的な開き方ならまだいいんですが、
観音扉が2つパカッと開きっぱなし。
背中が開閉するんですよ!
その超合金っぷりときたらまぁーがっかりです。

残念な気持ちでまた表に周ると、大仏は
語りかけてきます。

「世の中そんなもんだよ。わかったらチューして(はぁと)」

そんな唇をして。


また話は変わるんですが、こないだ家でいつでも
コーヒーが入れられるようにと、三角フラスコみたいなやつや
フィルターを乗っけるやつなど、その他もろもろ買いに
行ったんですね。

で、そのコーヒー始めました以外の何物でもないセットを
抱えてレジに向かうと、お客さんがいないと思ったのか
レジの女の子がリップを塗っているではありませんか。

気まずさ(女子)とドキドキ(俺)で、お互い
顔が見られない空気の中、視線を落とすと胸に
研修中の文字が。

リップ研修。

この店、いい研修してんなぁ。
そんなことを思いながら料金を支払い、
品物を受け取ると、女子店員が言いました。

「割れ物ですので、お帰りの際は気を付けて下さいね。」

リップ塗り立てのウルツヤな唇から発せられる優しい言葉。
ほ!ん!と!この店、イイ研修してんなぁー!!

「優しさはいい唇から」

この店のキャッチコピーにしたらいいと思いました。


d0104072_0412377.jpg

[PR]
by mitaikikitai | 2008-11-27 00:41 | 映画 音楽 人生
この日記の展開くらい急な階段を下り岩棚へ降りると
売店から申し訳程度にサザンが流れてきます。

全面岩とコンクリート。
全くと言っていい程のビーチ感のなさ。
いっそ火サスのテーマを流した方が臨場感が
出ていいと思います。

で、江ノ島岩屋。
暗闇を照らすロウソクがバースデイムードを
盛り上げます。

岩屋内にはまるでアレのようにとぐろを巻いた
石の蛇や、富士山に通ずるとの言い伝えがある穴。
七つの玉を集めると出てくるアレにそっくりな龍など、
見所満載。

ところで全然関係ないのですが、今日生まれて初めて
5本指ソックスを履きました。

ものすごく感じますね。足の薬指の存在を。

普段薬指を意識するなんて、好きな子の左手位なもの。
ましてや自分の足の薬指なんて全く意識したことなど
ございません。

それがどうでしょう。この5本指ソックスを
履いたとたんにビシビシ主張してきます。

あまりの愛おしさに家に帰って足の薬指を
なでてあげました。

ニオイでもわりと主張してきました。


つづく(次回いよいよ最終回)


d0104072_045132.jpg

[PR]
by mitaikikitai | 2008-11-21 00:46 | 映画 音楽 人生

こんな調子で鎌倉まで辿り着けるか不安ですが、
ひとまず先へ進みます。

「いい崖してんなぁ~」

頂上から岩屋のほうへ向かって少し坂を下ると
いい感じに切れ込んだ崖が見えてきます。

いまや崖の上と言えばポニョですが、
元祖崖の上といえばこの2人。
英一郎orなぎさに追い詰められた犯人も
身の投げがいがあるいい崖っぷりです。

ポニョといえば、あの主題歌は反則です。

「パークパクチュギュッ」ってなんですか。

パークパク/チュ/ギュッというふうに
分けられると思うのですが、
どこを切り取っても、胸踊る素敵なフレーズ。

映画が見たいのですが、映画館だと思わず
子供たちがいっぱいいる空間で
ポニョがまっ赤っ赤に膨らんでしまいそうなので
レンタル待ちです。

こんな調子だと絶対鎌倉に辿り着かないので
次回から先を急ぎます。

つづく


d0104072_21204382.jpg

[PR]
by mitaikikitai | 2008-11-16 21:29 | 映画 音楽 人生
とびっちょでしらすのかき揚げ丼を食べた後は、
参道を抜け、神社や街の景観を楽しみながら頂上へ。

頂上ではあえて展望台には登らず、江ノ島岩屋を
めざして更に歩きます。

で、ご当地キューピーですか。

あれほんと節操ないですよね。
奴のコスのレパートリーは煩悩の数を
超えてると思います。

江ノ島もご多分に洩れずございました。

「しらすキューピー」

感心しつつも複雑な気持ちで眺めていると、
店のオバちゃんが言います。

「そのシラスキューピーは他のキューピーと
肌の透明感が違うのよ~」

透明感!?

どう見てもトホホなキューピーから透明感を
引き出しますか。

売れる売れないは別として、オバちゃん確実に
セールストーク磨いてますね。
いいコピーの鍵は意外とこういうオバちゃんが
握っているのかもしれません。

なんにしろ裸のキューピーがいとおしいです。


つづく
[PR]
by mitaikikitai | 2008-11-06 23:58 | 映画 音楽 人生