感じた事を忘れない為のメモ日記 


by mitaikikitai

<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

真ん中で悶える

なんだか無性に歩きたくなる時があります。

そんな時は歩いて帰ることにしているのですが、
街はほんとにいろんな人が歩いています。

サラリーマンから買い物帰りの主婦。
ポパイみたいなパイプを咥えたおじいさんと犬。
自分で歩きたいのか、かかえられた母親にグズって
降ろしてもらった瞬間に転んでしまう赤ちゃん。

何気ない日常。平和な風景。
そんな中、ふとした所に現れた意外性。

右手にヴィトンのバッグ。左手に成人用おむつを持った、
ふんわりカールの清楚なお嬢さんが前を歩いているでは
ありませんか。

左右のギャップに驚きつつも、自宅介護か。
若いのにしっかりしてるなー。
と目を細める自分8割。

そして、どーしても脳裏にチラついてしまう残りの2割。

・・・プレイ的な?

とあるマンションの一室。
そこには古くから飼っているムーニーマン(56歳:会社員)と
先週拾ってきたばかりのトレパンマン(47歳:自営業)。
専用のプレイルームと化したその部屋で繰り広げられる
めくるめく保育の世界・・・。

あぁ。なんてこったい。
と目を細める自分はすっかりおやすみマン(31歳:派遣社員)。

2割の自分はさておき、このお嬢さんの両手には人生を感じる
深みがあります。

右手にヴィトンのバッグ。
左手に成人用おむつ。

高級ブランドと介護。

人は夢と現実に挟まれて生きているということの
象徴に思えてきました。

右のポッケにゃ夢がある。
左のポッケにゃチューインガム。

美空ひばりの唄がどこからか聞こえてくるようです。


P.S.
別におやすみマンが夢というわけではありません。
かといって現実でもありませんのであしからず(はぁと)
[PR]
by mitaikikitai | 2009-05-11 01:18 | 映画 音楽 人生